みのりホームの無添加住宅

  • 一覧表示
  • イベント
  • ニュース
  • コラム

コラム

2017年5月8日

家づくりを支えるプロ職人たち

大工 門脇棟梁

人当たりが良くてお客様のご要望に柔軟に対応して形造ってくれます。塗装や電気・水道工事にも詳しいオールマイティな職人さん。休日は二児のパパとしても活躍中。


大工 西田棟梁

手先が器用で細部にセンスを感じる収まりのできる大工さん。気さくな人柄で他の職人さんも仕事がしやすいように考えてくれます。


屋根職人 山口さん

愛媛で屋根の工事を始めて35年以上の大ベテラン。60歳を過ぎても身のこなしは流石です。瓦、スレート、板金、シングル、石・・・なんでもござれ!


左官 安永さん

左官工事は無添加住宅の仕上げの大部分を占める勘所です。それだけに非常に腕の違いが現れる仕事でもあります。安永さんは、気温・湿度・天気・風などの環境を読んで、現場の養生や施工方法を整えてくれます。親子で入る現場は、雰囲気が良くて息ぴったり。無添加の空間を作り上げるスペシャリスト!手形をつけたりの協力も積極的にしてくれますよ。


基礎工事 渡部さん

基礎工事を主にお任せしています。緻密な現場管理と段取りで工事を進めてくれますので安心してお任せできます。まだ年齢的には若手の部類に入りますが、いろいろな現場をこなしており経験も豊かで柔軟に対応してくれます。奥さんとお二人の子供さんもいるお父さんです。がんばれ!


仮設足場 足場屋ごん 羽田さん

安全に作業できるように足場を造ってもらっています。職人さんの要望にもしっかり応えてくれる頼れる人です。たまにわかりにくいボケをしますのでツッコミのほうよろしくお願いします。


大工工事 砂野大工

まじめで誠実な人柄の大工さんです。仕事に対しては頑固な一面もありますが、長年の経験と勘でいろいろと教えられることも多々あります。お客様第一で工事を進めてくれるので、本当にこれでいいのかどうか真剣に悩んで納まりを考えますのでお客様からの信頼も厚く本当に頼りになる大工さんです。仕事の段取りも他業種のことも考えてくれますので現場もスムーズに流れ、トラブルも少なくお引渡できます。ちなみに何か頼みごとが有る時は、一升瓶を手土産にお願いするといいですよ。


大工工事 大野大工

丁寧な仕事に定評のある大工さんです。現場をいつもきれいにしてくれるので、他の職人さん達も仕事がやりやすくて助かっています。木の組み方や、納まりを考えて美しく仕上げてくれる腕利きの大工さんです。日曜日は孫のサッカーの応援に!?ちなみにこう見えても下戸で、コーヒーは甘いのが好きという可愛いらしいトコも♪


建材 田坂若水 清水さん

ボードや床材、建具など色々な建材を入れてくれる人で現場には欠かせない人です。大工さんとの細かい打合せをしたり、時にはお施主様や私どもに提案をしてくれたりと物を納入するだけでは無く色々な方面で活躍してくれみのりホームには欠かせない人材です。見た目はい かついですが中身はとても気さくで話しやすい人ですよ。アフターメンテの時も迅速に対応してくれて、納入した商品には最後まで責任を持って対応してくれます。業者間でも人望が厚くまとめ役にもなってくれる頼れるアニキです。


木材 堀本製材 堀本さん

愛媛の佐田岬に木材を乾燥させる倉庫があります。瀬戸内の潮風で自然乾燥された木材は、人工乾燥の木材に比べてきれいで、粘りがあります。木材の特性を生かした適材適所を考えてくれる木材屋さんです。木材を語らしたら木がどのように育って、どのように切り出され、加工されていくのか小一時間は語ってくれます。又、大工さんとの連携も良く出来ていて安心して任せておけます。


電気工事 魚見電気 担当:魚見さん

電気工事をしてもらっています。奥さんもお仕事を手伝ってくれていて、おしどり夫婦ならではの息の合った仕事を魅せてくれます。いつも現場の状況に合わせて臨機応変に仕事をしてもらっています。仕事は正確に確認しながらお施主様の要望を具現化し、将来のことも考えた提案には定評があります。


サッシ工事 吉村ガラス 上松さん

主にトステムのサッシとガラスを入れてもらっています。見積もりも、現場打合せも、アフターも迅速に対応していただいております。また小回り良く動いていただき時には自ら高いところにも登って作業されていてとても頭が下がります。いじられキャラで俳優の大沢たかおに似ているので現場でも女性にも人気ものです。


屋根、外壁、樋、板金工事 キド工業 伊藤さん

外部に関する一切の仕事をしてもらっています。外部に関する職人さんをまとめていただいて段取り良く進むように手配してもらってます。一つ間違えると雨漏りや建物の性能低下に直結しますので、丁寧に慎重に施工していきます。そして納まり上、不具合がありそうなとこ ろを事前に相談してくれるのでとても助かっております。又、感じの良い外観になるように工夫や提案をしていただいております。それから梅雨時期や台風のときなど雨漏りの対応も迅速に正確にしてくれますので安心してお任せできる業者さんです。


塗装工事 日野林塗装 日野林さん

床や軒天やカウンターなど塗装全般を行います。健康仕様のみのり住宅のため材料には特に気を使い人体に害の無いものを日々研究して使用しております。また仕上がりは納得がいくまで何度でも手直しして妥協はしません。仕事には厳しいですが普段は陽気なおじさん で、お酒が入ると更に陽気になる憎めない人物です。


畳工事 三谷畳 三谷さん

最近和室が少なくなり畳の枚数も減ってしまいましたが、やはり日本の住まいには畳の間は欲しいですね。三谷親子には畳職人の技術を是非継承してもらって、心地よい畳の間を一つでも多く造ってもらいたいです。


ガス工事 日商プロパン 松野さん

プロパンガス工事をしていただいております。工事中も完成後も決め細やかな対応でとても助かります。又、ビシッと意見を言っていただけるのでとても参考になります。

コラム

2017年3月9日

おむつ替えシート設置しました

小さなお子様連れの方に快適に過ごしていただけるように
おむつ替えシートを女性専用お手洗いに設置しました。
 
壁は無添加住宅オリジナルの漆喰を塗り、
建具には触り心地のいいシンゴンを使用しています。
 
 

コラム

2017年2月11日

住宅メンテナンス道具の無料レンタルサービス(ハウスサポートクラブ様限定)

ご購入いただいたお住まいを長くきれいに保っていただけるよう、住宅のメンテナンスに便利な道具ハウスサポート会員様限定でレンタルさせていただきます。(レンタル中の場合がありますので事前にお電話いただけると確実です)

※借り受け、ご返却の際は事務所までお越しください。

 


貸出道具一覧

1)高圧洗浄機

 

2)脚立(高さ約180㎝)

 

3)クモの巣キャッチャー(2階の屋根まで届くアタッチメント付き)

 

4)インパクトドライバー

 

5)削岩機(コンクリートハンマー)

 

6)二酸化炭素濃度測定機 

 

7)コーキングガン 水平器 工具類 

 

その他補修用漆喰や柿渋などについてもご相談ください。
 

コラム

2017年1月19日

耐久性は耐震性につながります

地震は予知できません。例えば家を建てて 5 年後なのか 20 年後なのか 50 年後なのか。
日本の住宅の新築時の強度は世界でもトップクラスの耐震基準をクリアしていますので
きちんと建てられた新築の家が倒壊することはごくまれです。
大手量産ハウスメーカーが作る家も地元の工務店が作る家も建築基準法通り設計施工されていれば同じ耐震性を有していることになります。
本当の地震対策は建てた後から始まります。
最初は同じに丈夫でも年を経るごとに、強度が弱っていくスピードが速い家と新築時の強度が長い事持続する家とでは
50 年後に同じ地震が起きても耐力が違いますね。
ではできるだけ新築時の強度を持続するにはどうしたらいいのでしょうか?
答えは簡単です。人でいえば病気に罹らないことです。家の病気とは、きっとすぐに思い当たるのはシロアリ被害でしょう。
家の足腰は最近では壁の中に隠れてしまった土台や柱、梁や桁という材木です(人でいう骨にあたります)。
骨折したり骨粗鬆症になったりを家に置き換えれば、材木が腐る、または蒸れる、そこに腐朽菌が入るまたはシロアリがつくことを言います。
そのようなことが起きにくい条件をつくることが予知できない地震への対策になることは、
歴史的木造建築物が数百年の間に何度も地震に揺らされても健在なことで証明されています。

 

コラム

2017年1月10日

なんでシックハウスの問題が起こったの?

1970 年代、木を食べるヒラタキクイ虫の卵がサンドイッチされて輸入され、床下が木の粉だらけになるということが起こりました。
当時を知る大工さんは慌てて殺虫剤を撒いたそうです。それを知ったメーカーは接着剤に防虫剤を投入しました。
それが今シックハウス症候群の原因に代表されるホルムアルデヒドやトルエン、キシレンといった人体にも影響を与える化学物質の始まりです。

sikkuhausujosei
虫はピッタと止まりましたが、大工さん達が目に痛みを感じたり頭が痛くなったりと症状が出始めました。

当時はまだ風通しを意識していたり住宅の隙間風もあり、化学物質の濃度はそれほど室内に留まりませんでした。

ところが暖房の効率を上げるために 北欧北米の『高気密高断熱』の家づくりをならい徹底した冬向きの家づくりが始まったのです。

kikuimusi

みのり日記 ARTICLE
みのり日記