資料請求

SDGsへの取り組み

2030年に向けて、
無添加住宅ができること。

無添加住宅のミッション。
それは、人々の健康や地球環境に貢献すること。
健康住宅のトップランナーとして
より深く社会と向き合うために、
2030年までの国際目標SDGs(持続可能な開発目標)を
企業活動に入れ、世界の課題に取り組んでいます。

What's SDGs?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

1 誰もが安心して暮らせる
住まいを届ける

  • すべての人に健康と福祉を
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任

家に使う建材は天然、人工にかかわらず無害なものを選び、人にやさしい無添加建材にこだわっています。
また、石油製品や化学接着剤などを可能な限り使わない家づくりを提供しています。

安心安全な建材の提供

壁材はしっくい、床材は無垢材、木製品の接着剤は米のり・ニカワ、断熱材は炭化コルクなど「身体に良くないものは使わない」をモットーにお客様に安心・安全な製品をご提供しています。

  • 壁材:しっくい
    壁材:しっくい
  • 床材:無垢材
    床材:無垢材
  • 床材:タイル
    床材:タイル
  • 断熱材:炭化コルク
    断熱材:炭化コルク
  • 屋根材:天然石
    屋根材:天然石
  • 接着剤:米のり
    接着剤:米のり
  • 接着剤:ニカワ
    接着剤:ニカワ
  • ドアノブ:真鍮
    ドアノブ:真鍮
  • シンク:鋳物ホーロー
    シンク:鋳物ホーロー
  • 塗料:柿渋
    塗料:柿渋

2 環境にやさしい建材を採用

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • つくる責任つかう責任

無添加住宅では自然素材の特性を活かしたり、廃棄物を再利用したりするなど、資源を包括的に有効活用しています。

しっくい

壁材のしっくいに水を加えて壁に塗りつけると、乾燥して空気中の二酸化炭素と化学反応し、再び元の石灰石と同じ成分に戻っていきます。その際、しっくいが硬化する過程で空気中の二酸化炭素(CO₂)を吸収することから、環境負荷に配慮した建材と言えます。

柿渋

塗料として使用する柿渋は、商品として使えない奇形な柿や柿を成長させるために間引いて廃棄するものを原料しています。

炭化コルク

コルク樫の寿命は約200年ですが、これを伐採せず、羊の毛を刈るように丹念に樹皮だけを剥ぎ取ります。コルク樫は再生力が強く、約9年のサイクルで樹皮が再生し、トータルで約20回も採取することができるエコロジーな素材です。また採取した樹皮の中でも商品にならないバージンコルクや、ワイン栓に使うコルクの残りなどを廃棄利用し、細かく砕き、熱で固めて成型し、断熱材として利用することで、資源を有効に活用しています。

木材

インドネシアの提携工場では米のり集成材を製造する際に出る端材を、木材の防虫・防カビ処理の機械(高温釜)の燃料に再利用し、資源の有効活用を図っています。

3 長寿命な住まい

  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任

無添加住宅の家づくりは石油製品や化学接着剤などを可能な限り使わずに、
独自の工法や独自の自然素材の建材を使うことで、
長期的に住み続けれるロングライフ住宅を実現しています。

漆喰塗り炭化コルクWALL工法

外壁は漆喰と炭化コルクを組み合わせた「漆喰塗り炭化コルクWALL」の工法なので、一般的なサイディングの壁のように継ぎ目がないことから、太陽光の紫外線により約10 年しか持たないシーリング材が不要です。さらに、漆喰は年月が経つほど元の固い石灰石に戻り、強固になっていきます。そのうえ、炭化コルクは無機質なので腐ることもありませんし、漆喰・炭化コルクともに通気性がよいので、通気工法のような複雑な工法も必要ありません。また、サッシ周りには、万が一壁に水が入ってもそれを外に排出する独自の工法(特許取得済)も採用しています。以上のことから素材や工法により長寿命な家を実現することができるのです。

劣化しない自然素材の建材

ビニールや化学接着剤などを用いて作られる建材は、新築当時は綺麗ですが年数を経ていくうちに必ず劣化していきます。その点、本物の自然素材は、劣化することなく日々経年変化し、長く住み続けることができる堅牢な家を実現することができます。

4 省エネルギーな工法や建材が
環境に貢献

  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 気候変動に具体的な対策を

自然素材の建材が本来持っている特性を活かした、
パッシブ手法による省エネルギー効果を発揮します。
結果、電気代やCO₂排出量の少ない家づくりになり、環境にも貢献することができます。

漆喰壁の反射

漆喰は光に対する反射率(85%)がきわめて高いため、 太陽光の熱源である赤外線を乱反射させるため、外壁に熱が溜まりません。また、その反射率を利用し漆喰を内壁に使うことで室内の部屋を明るくすることができます。そのような性能を取り入れることで、漆喰面に光が反射するように窓や照明器具を設置することで省エネにつながります。

漆喰壁の調湿効果

実建物での夏季冷房、冬季暖房実験で一般的なビニールクロス内装仕様の居室よりも漆喰内装仕様の居室の方が、エアコンの電力総量を約16%減少することがわかりました。これは漆喰の室内調湿効果により外部温度の影響を受けづらく、エアコンの急激な温度調整が少ないことで、電力削減につながっています。

クールーフ工法

弊社独自のクールーフ工法により、屋根部の熱を自然の風力で自然換気することで、従来の屋根以上の涼しさを実現。実証実験では、無風状態では差がほとんど見られませんでしたが、約2.5m/sでは屋根表面まで大きな温度差が確認できました。

無垢材フローリングの低熱伝導率

無垢材フローリングは、木の本来の低熱伝導率により冬でも暖かく、裸足でも寒さを感じせん。鉄やコンクリートはもちろんですが、同じ無垢材でもウレタン塗装している無垢材とそうでない無垢材でも熱伝導率の差が出ています。そのため、本物の無垢材は年中素足で過ごしていても心地良さがあります。

5 世界各国の新興国・途上国より
建材を輸入

  • 貧困をなくそう
  • パートナーシップで目標を達成しよう

無添加住宅で扱っている建材の多くは、
世界各国の新興国・途上国より輸入しています。
また、現地の工場との提携により、雇用の創出に貢献しています。

インドネシア

インドネシアには弊社と提携している工場があります。ここでは現地の樹種である「シンゴン」や「インドネシア松」の木材を使った、無垢材フローリングや米のり集成材、米のり建具などを製造しています。

インドネシアで働いている従業員と米のりで貼り付けた集成材

フィリピン

石灰岩が採れるフィリピンからは、サンゴや貝殻の化石が入ったコーラルストーン(石灰岩)を輸入しています。

フィリピン工場の様子とデザイン性の高いコーラルストーン

ブラジル

ブラジルでは多くの粘板岩が採れます。その天然石を弊社では屋根材の「クールーフ」として使用しています。

粘板岩をカットするブラジル工場の様子と天然石を屋根に葺くと街並みに映える

その他の国からも…

その他にも、インドより石材、ベトナムより床材、ロシアより床材や集成材などを輸入しています。

6 学術的な室内環境の研究

  • すべての人に健康と福祉を
  • 住み続けられるまちづくりを

人が健康で快適な生活を送るには室内の空気が大切です。
私たちは「見えない空気の見える化」をするため、
愛媛大学と共同研究を行っています。

室内空気NO.1を目指して

弊社は愛媛大学と連携して、空気中の化学物質に関する研究を行っています。どのような物質が危険で、どれくらいまでの濃度であれば危険ではないのかなど、日本の家づくりにおける「室内空気環境NO.1」を実証するため、取り組んでいます。

愛媛大学の環境産業研究施設
室内空気を検証する様子
空気から検出された化学物質の資料と室内空気に関する見解をまとめた冊子、空気測定に関する資格試験を実施。

7 健康に関する啓発活動

  • すべての人に健康と福祉を
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任

健康な方にはもちろんのこと、シックハウス症候群や化学物質過敏症、
喘息などのアレルギー症状で苦しんでいる方に向けて、無添加住宅について知っていただき、
さらにご理解を深めていただくため、あらゆるメディアを通じて啓発活動をおこなっています。

啓発活動に使用する各種広告

8 パートナー企業との取組み

  • パートナーシップで目標を達成しよう

無添加建材やノウハウ、技術(施工や設計等)を
全国にある無添加住宅正規代理店(パートナー企業)を通して広めることで、
お客様に人と地球にやさしい暮らしを提供しています。

株式会社無添加住宅グループネットワーク

全国には無添加住宅と同じ理念を共有する仲間が170社ございます。
無添加住宅グループが増えれば、
健康に寄り添う家づくりが普及することに繋がります。

全国に代理店170社
設計研修
自然素材の技術指導

無添加住宅の住人でもある海洋冒険家「白石康次郎」さんにSDGsと無添加住宅についてお話を伺いました。
Kojiro Shiraishi

ヨットも無添加住宅も
時代が追いついて来たんだよ そうだよ!だって、コンセプトがそのまんまじゃん。

海洋冒険家の白石康次郎さんと㈱無添加住宅 代表取締役 難波宏之

(お住まいの無添加住宅、ヨット、そしてSDGsとの関係について、今お考えのことをお聞かせください。)

無添加住宅の対象に時代がなってきたよね。やっと時代が追いついてきたというか。あとSDGs。これが大事。今SDGsに世界中が注目している。これをもっと大切にしていきましょう。「単純に良いもの」じゃなくて「自然に優しいもの」を欲しがる時代だということ。そこをもっと共有していったほうがいい。今は、服の世界でも、ただの綿では許さないわけよ。世間が。ウイグル地区の綿は許さないわけ。「良い物」ではなく、「オーガニックコットン」にこだわる。セーリングスポーツもエコなんですよね。風だけでしょ。だからSDGsにも合致してるんだよね。だからヨットはとてもブランドイメージがいい。

(そこに無添加住宅がマッチするってことですよね。)

そう!だってそこが売りじゃん。

(本当に理解してくれる人は建ててくれるんですけど。価格が高いというイメージがあるのかな。そこをどう突破していくか。)

内装なんていくらでもお金かかるじゃん。高級な装飾なんてきりがない。その家を買う人が、「私、自然素材の家を建てたんです」って言うことが、とても自慢になる。お金を持ってることじゃなく、それが自慢になる時代がくるから。僕らもそれで選んだ。女房が選んで、コンセプトが面白いなと思って。毎日がDIY(自分でお手入れ)だから。それが面白い。ドアが夏だと伸びちゃって閉まらないということが、不便・欠陥住宅じゃなくて、「それが面白いですよ」って言い切っちゃったほうがいい。隠さないで、それが売りになる。「ひび割れるんですよ。天然素材ですからね」「床が冬になると乾燥して隙間が空くんですよ。だって天然素材ですから」って。

もう一つのポイントは売るべき人に売る。変な人に売っちゃうとクレームしか来なくなっちゃう。だったら、接着剤を使った、もっときっちりした住宅はいくらでもあるから、「そちらへどうぞ」のほうがいいですよ。僕たちも不特定多数のスポンサーを集めるんじゃなくて、セーリングをよく理解してくれている方にスポンサーをお願いしている。僕の場合は、「死にますよ」って言ってる。だって死ぬからね。100%完走(する保証)なんてないんですよ。だから面白い。だから感動するんだよね。これが、「必ずゴールします」なんて言うとつまらない。応援しがいがないでしょ。逆にそれを売るわけ。「危ないんです。だからやる価値があるんです。挑戦なんです。」って。

(無添加住宅もSDGsを本格的に表現していきますので)

そうだよ。だって、コンセプトがそのまんまじゃん。私たちは昔からやってます。前からやってます。って言えるよね。「時代がいよいよ私たちに追いついてきました」って。「ただ家が動くから、それを楽しんでください。季節によって変化しますから。」ってそれがいいかもしれないね。

白石康次郎 氏PROFILE 1967年5月8日 東京生まれ鎌倉育ち
少年時代に船で海を渡るという夢を抱き、高校在学中に単独世界一周ヨットレースの優勝者・多田雄幸氏に弟子入りする。単独無寄港無補給世界一周で史上最年少記録(当時)を樹立。’06年には念願の単独世界一周ヨットレース「Five Oceans」に参戦し、歴史的快挙となる2位でゴール。’16年11月にはアジア人として初となる世界一過酷なヨットレース「Vendée Globe」への出場を果たし、’20年の大会で初完走を果たした。