column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2019年12月24日(火)注文住宅の値引きは可能なのか?メリットとデメリットを合わせてご紹介します!

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか?
「そもそも注文住宅の値引きは可能なのか?」
「注文住宅の値引きを行なった場合のメリットとデメリットを知りたい。」
このように、注文住宅の値引きに関して知りたい方が多くいらっしゃると思います。
しかし、注文住宅の値下げ交渉にはメリットだけではなくデメリットも存在します。
そこで今回は、注文住宅の値引きに関して、メリットとデメリットも合わせてご紹介します!

□注文住宅の値引きは可能なのか?
結論から言うと、注文住宅の値引きはかなり厳しいです。
しかし、注文住宅ではなく建売住宅の場合は値引きが可能です。
なぜなら、建売住宅の場合は購入の際にすでに完成しているからです。
そのため、値引き交渉を行い、販売価格が下がっても、家の品質は変わりません。
また、建売住宅の値下げ交渉の場合、当初売り出していた価格よりも、大幅に値下げを行うことも可能です。
一方で、注文住宅は、建売住宅のようにすでに完成されている住宅を購入するわけではありません。
注文住宅は、家づくりの段階から購入者が関わります。
そのため、値引きをしようとすると、家の品質を変えうるような建材などの質が下がるかもしれません。

□注文住宅の値引きを行なった場合のメリット
やはり、値引き交渉においての一番のメリットは、価格が抑えられるという点ですね。
注文住宅の購入は、人生での一番大きなお買い物と言っても過言ではありません。
その購入にかかる費用が少しでも抑えられたら良いですよね。

□注文住宅の値引きを行なった場合のデメリット
注文住宅の値引き交渉には、メリットだけではなく、デメリットも存在します。
少しでも注文住宅を安く建てようとすると、安い建材が使われる恐れがあります。
また、見積もり上は同じ等級の建材でも、材木屋で売れ残ったクセの強い材木や、製材したばかりの含水率の高い材木などが使われかねません。

□まとめ
今回は、注文住宅の値引きに関して、メリットとデメリットも合わせてご紹介しました!
注文住宅の値下げ交渉には、価格が抑えられるというメリットだけではなく、家の品質が落ちてしまう恐れがあるというデメリットも存在します。
メリットとデメリットを深く考えた上で、注文住宅の値下げ交渉を行うかどうかの決断ができると良いですね。
当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。