column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2020年4月15日(水)注文住宅で予算オーバーした場合の対処法をご紹介

「注文住宅で予算オーバーをした場合にはどのようにすればよいのだろう?」
注文住宅を建てる際には、予算のことが気になるかもしれません。
オーバーした場合の対処法に関しても知っておきたいものですよね。
今回は、注文住宅で予算オーバーした場合の対処法を松山市の業者がご紹介します。

□注文住宅で予算オーバーした場合の対処法
*家のつくりをシンプルにする
まずコスト削減でできるのは、家のつくりをシンプルにすることです。
たとえば、床面積が同じでも工事費用を変えられます。
なぜなら、使っている建材が少ないためです。
外装には、床・外壁・屋根の三つがありますよね。
このうち、床面積が同じであれば、屋根と床にかける建材は同じです。

しかし、外壁は必要な建材が異なります。
たとえば、床面積が同じ24平方メートルの家で、6×4mの長方形と3×8mの長方形を比較しましょう。
長さの合計が、20mと22mで後者が長いですよね。
このように、同じ面積でも両辺の差が少ないと外周を短くできます。
結果的に、必要な建材の量を減らし、手間も減る点でコストの削減につながるのです。

*設備・建材のグレードや有無を見直す
注文住宅を建てる際には、設備や建材を変えることでも十分に対応できます。
設備を見直すだけでも随分と費用を下げられるでしょう。
また、建材では必要最低限以外の壁を除くこともおすすめです。
壁を減らすことで、簡単に間取りを変更できる空間にも仕上がります。

*住宅ローンを検討する
間取りやこだわった設備などを変えたくない場合もありますよね。
その場合には、差額をそのまま必要な金額としてローンで補います。
ローンには様々な種類があります。
たとえば、担保型か無担保型かです。

担保とは、ローンの返済ができなかった場合に、代わりに提供するものです。
担保には様々な種類があり、住宅ローンでは土地や家がよく挙げられます。
人質と呼ばれる言葉がありますが、代わりにものが指定されているイメージです。
支払いができない場合には失うことになりますから、注意すべきでしょう。
ただし、正常に返済ができれば、特に問題なく物質は返ってきますし、無担保に比べて借り入れ条件が緩い傾向もあります。

また、固定金利型か変動金利型かもよく挙げられる違いです。
元金に対してかけられる利息の率を、金利と呼びます。
その時点での金利に応じて利息を決める方法が、変動金利型と呼ばれる方法です。
基本的に、金利引き下げ制度によって、固定金利と比べると低く設定されています。
もちろん変動するリスクはありますが、低い可能性を期待して変更するのは方法として考えられるかもしれません。

□まとめ
今回は、注文住宅で予算オーバーした場合の対処法を松山市の業者がご紹介しました。
家のつくりをシンプルにする・設備や建材のグレードを見直すことが挙げられます。
こだわりを捨てたくない場合には、住宅ローンを再検討しましょう。