COLUMN

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。
コラム
2020年10月12日(月)

アトピーから守る家づくりとは?注文住宅を検討中の方へ解説します

「子どもの健康のために身体に優しい家にしたい」
どのような家にしたいかを考えるときに、やはり子どものことを考えた家づくりが候補に挙げられるのではないでしょうか。
特に、子どものアトピーが気になる方は多いでしょう。

そこで今回は、松山市で注文住宅を検討中の方へ、アトピーから守る家づくりについて解説します。

□10人に1人がアトピーの悩みを持っている
実は、近年アトピーの悩みを持つ方が、年々増加している傾向にあります。
具体的に申し上げますと、20歳以下の10人に1人がアトピーの悩みを持っていると推測されているのです。
なぜこのように多くの方がアトピーの悩みを持っているのでしょうか。

アトピーの発症の原因は人それぞれですが、原因の一つとして「家づくりでの化学物質の使用」が挙げられます。
本来快適な空間であるはずの住まいが、化学物質の使用によってアトピーを発症してしまう原因となってしまうのです。

これらのことから、特に小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、身体に優しい家づくりが重視されつつあります。

□注文住宅でできるアトピーから守る家づくり
それでは、注文住宅ではアトピーから守る家づくりはできるのでしょうか。

結論から申し上げますと、それは可能です。
家づくりの際に、いくつかポイントを押さえることによって、身体に優しい家づくりができます。
早速、以下でアトピーから守る家づくりのポイントを見ていきましょう。

*気密性、断熱性を高くする
気密性、断熱性を高くすることで、アトピーが発症する原因の一つのカビの発生を防ぎます。
気密性が高いことで湿気対策になり、さらに断熱性が高いことで結露対策になります。
また、気密性、断熱性が高いことはアトピーの発症を防ぐだけでなく、冷暖房の効率を向上させ、光熱費の削減に貢献できるでしょう。

*調湿性能が高い素材を使用する
調節性能が高い素材を使うことにより、適度な湿度を保つことができ、快適な生活の手助けをします。
これは、カビの発生を防ぐという点でも効果があるでしょう。
夏の湿気対策や冬の乾燥対策が家づくりの段階でできますね。

□まとめ
今回は、松山市で注文住宅を検討中の方に向けてアトピーから守る家づくりについて解説しました。

当社では、身体に良くないものを避けて、優しい自然素材を使用しています。
アトピーにお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社の家づくりを一度検討してみてください。
ご相談お待ちしております。