COLUMN

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。
コラム
2022年06月23日(木)

収納の多い間取りのメリットとは?解説します!

「収納が多い間取りにしたい」 「収納が多いとどんなメリットがあるのかな」 このようにお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。 今回は、収納の多い間取りのメリットを解説します。 □収納の多い間取りにするメリットをご紹介! *オシャレな状態を維持できる 収納が少ない状態で物を詰め込みすぎると、見た目の印象が悪くなってしまいます。 また、収納に入りきらずものが床に置いてある状態などでも、見た目の印象はよくありませんよね。 部屋のデザインはきれいでも、収納部分の見た目が良くないと、部屋全体の印象が落ちてしまいます。 そのため、収納を多くすると良いでしょう。 *家族のライフスタイルの変化に対応しやすい お子さんが小学校に通学し始めたり、中学・高校に進学して部活動を始めたりすることもあるでしょう。 このタイミングで、練習道具や衣類などが大幅に増加するでしょう。 初めから収納が多い間取りだと、ライフスタイルの変化にもうまく対応できるでしょう。 *掃除が楽 収納が多い間取りでは、床に物が散らかってしまうことを避けられます。 掃除の際は、物を片付けてから掃除機などをかけることがストレスになります。 物を片付けながら掃除をする手間が省けるので、ストレスを低減できます。 また、物が散らかっているとほこりがたまる原因にもなるので、これを防止できる手段としても有効と言えるでしょう。 □収納の多い間取りにする際のポイントを紹介します! 収納スペースを計画する段階で大切なポイントは、「収納量」と「収納の位置」です。 収納量は、ある程度住居の面積に対する目安はあるので、参考にするのも良いでしょう。 しかし、全ての人にその目安が当てはまるわけではないので、自分に合うようにカスタマイズする必要があります。 収納をどこに設置するかもしっかり考えましょう。 例えば、食品庫や食器棚はキッチンの近くに、屋外用の物品庫は玄関の近くに収納したいですよね。 その道具を使用する、片付ける際に便利な場所に収納を設置しましょう。 実生活をイメージしながら収納の配置計画をすることで、より使いやすい収納になります。 □まとめ 今回は、収納の多い間取りのメリットを解説しました。 収納が多いとどんなメリットがあるか理解していただけましたか。 本記事を参考にしていただければ幸いです。 注文住宅を検討中の方は、ぜひ当社にお任せください。 当社の専門家が全力で皆様をサポートいたします。 皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

施工事例「天然石や無垢材、漆喰壁など 自然素材で満たされた空間」

また、当社では天然素材をふんだんに使用した無添加住宅を中心に取り扱っているので、興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。
土地探しはみのりグループへおまかせください。