column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2022年9月13日(火)注文住宅でやってよかったこととは?やらなくて後悔したポイントもご紹介!

注文住宅の間取りを考えたり、その他もどのようなポイントを押さえていったら良いかわからなかったりと、家づくりでは様々な悩みがあるでしょう。
今回は、注文住宅でやって良かったこと、後悔したことを紹介していきます。
この記事を読みながら、ご自身の中で簡単な指標を考えてみてください。

□注文住宅の間取り決めでやっておくと良いこととは?
間取りを決めるときは、どう決めていけば良いのでしょうか。
建築に関わりがない人は、なかなか頭の中だけでは想像しにくいでしょう。
ここでは、注文住宅の間取りの際にやっておくと良い3つのことを紹介していきます。

1つ目は、カタログを見ることです。
間取りを考えるには多くの間取りを見てみることが1番です。
各ハウスメーカーが出しているカタログは、多くの間取りを見るのに便利です。
具体的なメリットとしては、カタログを通して写真を見られるのでイメージがわかりやすく、トレンドの間取りを知れることです。
また、家族構成も載っている場合が多いため、自分に似た家庭の間取りを参考にできます。

2つ目は、以前住んでいた住まいについて振り返ることです。
これは、自分の生活に合った間取りかどうかを確かめられる目的があります。
以前に住んでいて好きだったところ、不便・嫌いだったところなど、こうした過去の体験から「自分がどう暮らしていきたいか?」を考えることが大切です。
過去にあった不満がない家に住めたら満足度はさらに上がるでしょう。

3つ目は、多くの人の後悔した経験を探ることです。
現在では多くの人々が自分の体験を発信しています。
そこで、公開した経験を見ることで、自分では気づかないような視点に繋がる可能性があります。
他の人が後悔した例を見ることは、自分だけでは気づかなかった視点を得ることが多いので、ぜひ参考にしてみてください。


□新築の際にやらなくて後悔したポイント
ここまで間取りについてでしたが、ここからは新築時にどんな後悔が多いのか紹介していきます。

まず、広さについてです。
特に玄関とリビングを広くすればよかったという声があがりやすいです。
玄関が狭いと、靴やアウトドア用品で溢れかえって、お客様を迎える度に片付けなければならないため、不満もつのりやすくなります。
可能な限り床面積を広くするか、広く見えるように、窓を設置したり上部に収納スペースを作ったりして工夫すると良いでしょう。

また、リビングについても住まいの主役を果たしており、家具を運び入れたら意外に狭く感じることが多いです。
リビングの天井を吹き抜けにしたり、大きな窓をつけて広くみせたり、リビングを回廊として廊下のスペースを削ることで実質的に畳数を増やしたりすることも最近人気です。

次に紹介するのはスペースについての後悔です。

よく出てくるのはランドリースペース・デスクスペース・収納スペースが足りないという意見です。
子育て世代のご家庭では洗濯物が多いためランドリースペース、収納スペースを、在宅ワークが多い方はデスクスペースを考えておくと良いでしょう。

また、コンセントが足りなかったという意見もよく聞きます。
充電が必要なアイテムは多いため、どの部屋でどの程度充電する必要が出てくるかをよく想定しておきましょう。

他にも、「トイレを2つつけた方が良かった」「もっと断熱性にこだわれば良かった」「日当たりの良い窓をつければ良かった」「ベランダには水道があった方が良かった」など、様々な後悔があります。

□まとめ
今回は注文住宅でやって良かったこと、逆にやらなくて後悔したことについて紹介しました。
後悔したポイントもたくさんあったかと思います。
この記事を参考にしながらも、自分の理想の住まいづくりをしていきましょう。