column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2022年10月8日(土)収納は広さよりも場所が肝心!収納を作るべき場所もご紹介!

収納スペースをどれくらい設けるか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
家を建てた後に、収納スペースで後悔したくないですよね。
今回は、収納の面積率の目安と、収納する場所について紹介していきます。
家づくりをお考えの方は是非参考にしてみてください。

□収納の面積率
戸建てだと、12パーセント~15パーセント、マンションだと8パーセントが目安となります。
マンションは、戸建てに比べて、全体の面積が小さく、収納スペースが少ないので面積率が低くなっています。
ウォークインクローゼットは、歩いて入る部分には、物を置くことができません。
また、ウォークスルーの場合も、通路や出入口に物を置くことができません。

面積率が同じでも、実際に収納できる広さは違うため、目安程度に思っておきましょう。

□広さよりも場所が肝心
収納は広さよりも収納する場所の方が肝心です。
プライベートな空間に収納スペースを設けても、意味がありません。
収納する場所の例をいくつか紹介していきます。

*キッチン周りの収納
食料品を大量に購入した際の置き場所として、パントリーがあればとても便利です。
普段使わない食器や、台所用品なども収納できます。
パントリーをよく使う場合は、出入口に扉を設置しないでおくと、効率よく使えます。
また、キッチンは小物類が多いので、小物が取り出しやすい壁面収納を付けてあげると、さらに便利になります。

*玄関の収納
玄関横に収納できる、玄関クロークのスペースを作ってあげると便利です。
お子様のいる家庭では、お子様のおもちゃやベビーカーを収納することが可能です。
玄関クロークは、収納できるだけでなく、見せる収納を意識することで、玄関をおしゃれにできます。

*寝室周りの収納
収納場所が広く、収納が丸見えにならないウォークインクローゼットがあると便利です。
通常のクローゼットより、収納スペースが広いため、家族の衣服や様々な用品を収納できます。
衣服を収納する場合、湿気がたまりやすく、カビが発生する原因になるので、換気しましょう。
換気用の窓を設ける際は、日が当たりにくい小さい窓を付けると、服が日焼けして痛む心配が減ります。

□まとめ
戸建てだと、12~15パーセント、マンションだと8パーセントが目安です。
また、収納は、広さよりもどこに収納スペースを作るかが肝心です。
工夫することで、収納をおしゃれにできます。
家づくりをお考えの方は、小さなことからでも是非ご相談ください。