COLUMN

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。
コラム
2023年01月13日(金)

注文住宅の流れとは?家づくりをスムーズに行うポイントについても紹介します!

注文住宅をお考えの方で、注文住宅の流れについて知らない方も多いのではないでしょうか。
今回は、注文住宅の流れについてと、家づくりをスムーズに行うポイントについて紹介します。
是非参考にしてみてください。

 

□注文住宅の流れとは

最初に予算の検討とイメージづくりをします。
どれぐらいの予算をかけるか、建てる場所や間取り、デザインについてのイメージを考えていきます。

次に注文住宅を依頼先と工事請負契約を結びます。
工事請負契約の後はプランを決定していきます。
プランを決定するにあたって、簡単な地盤調査や、住宅ローンの仮審査、建築確認を市区町村に申請、住宅ローンの本審査を受け金融機関と契約しましょう。

プランが確定すると工事に着工していきます。
工事が始まる前に、近隣へ挨拶にいきましょう。
また、安全祈願として地鎮祭や、骨組みが完成した後に上棟祭に行う方もいらっしゃいます。

住宅が完成したら、市区町村からの完了検査を受けて、建築確認申請の通りに建てられているか確認し、検査済証が発行されます。
住宅が引き渡される前に不具合や傷がないかを施主が立ち会いチェックを行い、チェックが完了次第引き渡しとなります。

 

□家づくりをスムーズに行うポイントとは

家づくりをスムーズに行うポイントは主に3つあります。

 

*家族でこだわりを合わせておく

家族同士で事前に住みたい場所や、内装のこだわりがある場合は、家族全員の理想の家になるように話し合っておきましょう。
予算のことも考えて優先事項を決めておくことがおすすめです。

 

*なるべく多くの資金を用意する

注文住宅の住宅ローンは住宅が完成してから実行する場合がほとんどです。
建築工事を行う費用は自己資金で行う必要があるので出来る限り多くの自己資金を用意しておくと良いでしょう。

 

*入居の希望日から逆算して行動する

入居したい時期を決めている場合は、そこから逆算をして行動していくと良いでしょう。
家が完成するまでの時間は人によって様々で、半年かかる方もいれば2年かかる方もいます。
理想の家を完成させるためにもなるべく余裕を持って行動することが大切です。

□まとめ

注文住宅の流れは、予算検討とイメージづくりを行い、注文住宅を依頼先と工事請負契約を結び、プランが確定すると工事に着工します。
家づくりをスムーズに行う為にも、入居の希望日から逆算して行動し、家族全員が理想の家になるよう話し合っておきましょう。

注文住宅をお考えの方は、是非当社までご相談ください。

施工事例「天然石や無垢材、漆喰壁など 自然素材で満たされた空間」

また、当社では天然素材をふんだんに使用した無添加住宅を中心に取り扱っているので、興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。
土地探しはみのりグループへおまかせください。