column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2023年9月13日(水)土間のメリットとは?土間のある平屋の間取り例もご紹介します!

平屋を検討している方の中で、土間の設置をお考えの方もいらっしゃるでしょう。

間取りによって、土間はリビングとしても収納スペースとしても設置できます。

今回は、土間のメリットと、土間のある平屋の間取りの例をご紹介します。

平屋や土間の設置を検討している方は、要チェックです。

□土間のメリットとは?

土間がある家に入ったことがある方は、少ないかもしれません。

そもそも土間とは、屋内でも靴を履いて歩けるスペースのことです。

屋外と屋内を結ぶ場所にあり、屋内でも屋外のように過ごせることが特徴です。

靴を履きながら屋外のように過ごせるだけでなく、天候に左右されず洗濯物を干したり、趣味にいそしんだりできるのは魅力的ですよね。

土を固めただけの土間もあれば、漆喰やコンクリートなどを敷いている土間もあります。

続いて、間取りの土間を取り入れるメリットをご紹介します。

メリットは以下の通りです。

・収納スペースが増える

・趣味の空間が広がる

・室内干しスペースとして使える

・子どもの遊び場にもなる

・来客時やホームパーティーにも便利

収納や室内干しのスペースに使えたり、趣味や子どもの遊び場にできるなど、便利な場面が多くあります。

□土間のある平屋の間取りの例をご紹介!

土間のある平屋の間取りの例をご紹介します。

*土間リビング

まず、室内リビングの他に土間リビングを作る間取りがあります。

庭沿いに配置すれば窓を開放したときに直接庭に出られるため、外と一体化できます。

土間空間ではペットのお世話をしたり、アウトドア用品を飾ったり、さまざまな用途に使えます。

*通り土間

LDKとクローゼットの間に土間を配置する間取りもあります。

物干し場や洗面脱衣室も近くに配置すれば、子どもが遊んで服を汚して帰ったときや、雨に濡れてしまったときも、室内を通る必要がありません。

家の床も汚さずに済み、掃除の手間も省けます。

土間のある家│松山市│注文住宅│みのりホーム

*土間収納

玄関のすぐ近くに土間収納を設置する間取りもあります。

靴やアウトドア用品など、室内を通らずに収納できます。

玄関に物を置きっぱなしにせずに済むため、空間を広々と使えます。

LDKを中心に、それぞれの部屋にアクセスできる間取りにすれば、家族とのコミュニケーションも取りやすくなります。

□まとめ

今回は、土間のメリットと、土間のある平屋の間取りの例をご紹介しました。

土間を設置することで収納や室内干しのスペースが増えたり、趣味や子どもの遊び場として使えたりするメリットがあります。

土間の設置を検討する際は、今回ご紹介した間取りをぜひ参考にしてみてください。