みのりホームの無添加住宅

体に悪いものは使わない。コスト優先の現代の住宅に見られなくなった天然素材をふんだんに使用しました。家族が安心して笑顔で居られる様に、昔ながらの伝統工法に着目したみのりホームの無添加住宅。当たり前に毎日を健康に過ごせる。そんな、普通の様で特別な暮らしを私たちはご提案します。

やわらかく、素足が気持ちいい無添加住宅の床は天然木材を使用。無垢の床は呼吸をつねにしていますので、あかちゃんの肌にふれても安心。一番肌にふれる部分ですので、杉やひのきよりもやさしい素材をご提案しています。わたしたちは妥協しない素材へのこだわりを大事にしています。

無添加住宅は、外壁や内壁を漆喰壁で仕上げています。漆喰は炭酸カルシウムを主成分としており、夏は湿気を吸い取り、冬は湿気を放出。呼吸を行うことで、邸内の快適な環境を生み出します。また耐火性、抗菌性、防汚性に優れており、シックハウス症候群の原因といわれるホルムアルデヒドなどの化学物質を分解する働きもあります。

無垢材や漆喰壁など自然素材を用いていても、目に見えない部分に化学接着剤を使ったならそれは無添加住宅とは言えません。みのりホームが使っているのは、膠や米のりなど日本の家づくりで伝統的に使用されていた素材ばかり。また塗装には米ぬか、断熱材には炭化コルクを使用しています。いずれも自然から生まれた素材ですから安心です。

無添加住宅は安全性だけではなく、日々に夢を持って暮らせるようデザインにもこだわりいっぱい。そこで用いているのが、コーラルストーンや御影石などの天然素材。コーラルストーンはサンゴや貝殻の化石で、成分は漆喰壁と同じ。多孔質なので調湿や消臭にも優れています。傷がつきにくい天然御影石は、キッチンの天板など随所で活躍します。

渋柿を発酵してつくる柿渋は、平安時代から防腐剤、防水剤、防虫剤として使われており、表面に柿渋を塗ると強度が増すことから建物や衣類、道具類などに幅広く使用されていました。みのりホームはその柿渋に着目し、土台となる材を柿渋で塗っています。また柿渋の美しい色合いを活かして、建具などのしつらえを柿渋塗で仕上げたりもしています。

無添加住宅コラム集はこちら
コラム情報
詳しくはこちら
さらに、みのりの無添加住宅ならではの安心を。
全棟で構造計算を実施

一般的な木造戸建て住宅(2階建て以下)については、基本的な仕様を守っていれば構造の安全性を確保していると見なされ、構造計算は必要とされませんが、みのりホームでは全棟で構造計算を実施。必要ないからといって建築のプロセスを簡略化することなく、安心を確保します。

高い耐久性を確保

シロアリ対策や湿気対策を十分に行えば、木造建築の寿命は100年以上と言われています。みのりホームでは床下換気やホウ酸処理を施し、従来に比べて飛躍的にシロアリの予防ができるようになりました。ちなみに、鉄筋コンクリート造の建物の寿命は50年程度と言われています。

省エネ性が高い

住宅における新しい省エネ基準が2015年4月より完全施行となり、2020年には義務化となります。その省エネ基準を、みのりホームでは標準の仕様で十分にクリア。基準義務化後もリフォーム等の心配もなく、優れた省エネ性能を発揮する家になっています。