COLUMN

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。
コラム
2023年04月13日(木)

注文住宅が頭金なしでも買える理由について紹介します!

注文住宅をお考えの方で、注文住宅が頭金なしで買える理由について知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、注文住宅が頭金なしで買える理由についてと、頭金と自己資金の違いについて紹介します。

是非参考にしてみてください。
頭金なしで買える注文住宅

□注文住宅が頭金なしで買える理由について

注文住宅が頭金なしで買える理由は、主に3つあります。

*頭金なしで融資を行える金融機関が増えている

頭金なしで住宅ローンが組める金融機関が増えてきています。

また、仲介手数料や税金など住宅を購入する際にかかる諸費用を含められる住宅ローンも増えています。

つまり、住宅の購入金額以上の住宅ローンを組めるということです。

*住宅ローン借り入れの年齢制限が緩くなっている

金融機関の多くで住宅ローンの完済時年齢の上限が引き上げられています。

例を挙げると、30歳の方が住宅ローンを組む場合、完済時年齢上限が75歳の場合は45年でしかローンが組めませんが、
上限が85歳の場合だと55年のローンを組めることになります。

しかし、上限いっぱいにローンを組む行為は危険なため、慎重に計画をたて住宅ローンを組むようにしましょう。

*超低金利時代になっている

超低金利時代と言われていて、金利の負担が減るため頭金なしでも住宅を購入しやすくなっています。

しかし、審査時は余裕のある借り入れかどうか判断するため高めの設定である審査金利が使用されていることもあるので注意しましょう。

例を挙げると、実際の金利が1パーセントの場合でも審査金利は3パーセントとなっている場合があるので
低金利時代でも必ず審査に通る訳ではないということを覚えておきましょう。

□頭金と自己資金の違いについて

頭金は、住宅の価格からローンの借入額を差し引いた金額を指しています。

自己資金は、頭金とローンの事務手数料などの諸費用を足した金額を指しています。

頭金が無い場合でも、諸費用に100万円かかる場合は現金を100万円用意する必要があります。

□まとめ

注文住宅が頭金なしでも買える理由は、頭金なしで融資を行える金融機関が増えてきている点が挙げられます。

また、金利の負担が減る超低金利時代となっていることや住宅ローン借り入れの年齢制限が緩くなっていることが挙げられます。

頭金と自己資金の違いは、頭金は住宅の価格からローンの借入額を指し引いた金額を指していますが、自己資金は頭金と諸費用をプラスした金額のことを指します。

注文住宅の資金計画や住宅ローンでお困りの方は、是非当社までご相談ください。

施工事例「天然石や無垢材、漆喰壁など 自然素材で満たされた空間」

また、当社では天然素材をふんだんに使用した無添加住宅を中心に取り扱っているので、興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。
土地探しはみのりグループへおまかせください。