column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2022年6月5日(日)杉の木にはどんな特徴とメリットがある?解説します!

木の温もりを感じられる家は、ゆったりとした時間を過ごせそうですよね。
木の素材にはリラックス効果があり、木の素材ならではの魅力がたくさんあります。
今回は、たくさんある木の素材の中もで杉の木について注目し、その特徴や杉の木を使うメリットについて紹介します。

□杉の木の特徴とは
杉の香りは、木材特有の爽やかで甘い芳香が特徴的です。
森林浴をしているようなリラックス効果もあり、調香にも使われている香りなので、主張も強すぎずお部屋にも取り入れやすい素材です。

また、杉は真っ直ぐとした繊維が特徴的であり、加工がしやすいです。
心材と辺材の色がはっきりと違っていて、生産地域や品種によっては心材はピンクから茶色、真っ黒までたくさんの色があるので、様々な用途に用いられています。
自分の好みの色に合わせて使い道を考えられるので組み合わせが無限大で魅力的ですよね。

杉は空気を多く含んでいるため、軽く触れると温かみを感じられます。
柔らかい材質である反面傷つきやすいのも特徴ですが、これも経年変化の一つであると考えれば、より一層味わい深くなります。
日本の12パーセントで杉が植えられているため、日本人には馴染み深い素材の一つなのではないでしょうか。

□杉の木を使うメリットとは
杉の木を使うメリットは大きく分けて3つあります。

1つ目は、保湿性・断熱性・調湿効果に優れていることです。
前述したように、杉は空気を多く含んでいるため触れると温かみを感じられます。
これは、暖かさを維持するのにも効果的であり、室内が寒い時には放湿をし、温度が高い時には吸湿をするので、調湿効果にも優れています。
杉を使うと毎日が過ごしやすい快適な環境を作れます。

2つ目は、衝撃吸収や耐久性に優れていることです。
前述したように、杉は比較的木材の中では柔らかい材質のため、硬い床材などと比べると足腰にかかる負担が小さく衝撃吸収効果があります。
また、多くの住宅で利用されている合板の床材と無垢材の杉を比べてみると、年月が経つにつれて合板の床材は、表面が剥がれることが多く、杉の無垢材はその心配は必要ありません。

3つ目は、鎮静効果が期待できることです。
前述したように、杉は爽やかで甘い芳香が特徴的であり、リラックス効果があります。
ストレスが多い現代社会だからこそ、家でのプライベートな空間ではリラックスして過ごしたいですよね。

□まとめ
今回は、杉の木の特徴や杉の木を住宅に用いるメリットについて紹介しました。
快適でリラックスできる住宅にしたい方には、ぜひおすすめしたい建材です。
当社は、自然由来の建材をメインに使う無添加住宅を提供しています。
興味がある方は気軽にご相談ください。