column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2022年12月9日(金)おしゃれなリビングの作り方とは?おしゃれなリビングの実例も紹介します!

リビングは、家族が集まってくつろぐ空間であると同時に、お客さんを招き入れる家の顔でもあります。
家族がくつろげるだけでなく、おしゃれだと思ってもらえる空間にしたいですよね。
そこで今回は、おしゃれなリビングの作り方、そしてその実例についてご紹介します。

□おしゃれなリビングにするには?
*統一感を出す
まずは、ベースとなる大きい面積の床、壁、天井の色を決めます。
ベースカラーを決めたら、アクセントカラーを取り入れましょう。
パステルカラーを取り入れると明るい雰囲気に、ネイビーを取り入れると落ち着いた雰囲気になります。
また、リビングは家族が集まって過ごす場所なので、多少物を出しっぱなしにしても統一感がなくならないよう、小物のテイストをそろえることが重要です。

*部屋の奥行き、広がりを出す
インテリアを置くときに、高さや奥行きを生かし、立体感を出すように意識してディスプレイすると、部屋が表情豊かになり、おしゃれになります。
左右対称の配置、三角形の配置が取り入れやすいです。
また、照明をうまく使い陰影を作るのも、おしゃれな部屋づくりのポイントです。

*季節感を意識する
クッションカバーの色を変えたり、季節の花を飾ったりすることで季節感を簡単に出せます。

□おしゃれなリビングの実例を紹介!
インテリアコーディネートの実例を6つ紹介します。

1つ目は、北欧ナチュラルスタイルです。
暖かい色の照明に明るいグリーンなどをアクセントカラーとした、日本の住宅になじみやすいスタイルです。

2つ目は、北欧モダンスタイルです。
木目調の北欧スタイルにグレーのようなシックな色を合わせると、モダンな印象になります。

3つ目は、和モダンスタイルです。
畳コーナーを設けて和の雰囲気を出しつつ、家具をシックなものにするのが人気のスタイルです。

4つ目は、ホワイト統一スタイルです。
膨張色の白をインテリアに取り入れると、部屋が広く見える効果があります。

5つ目は、アジアンナチュラルスタイルです。
観葉植物や麻の小物を取り入れることで、アジアンな雰囲気を演出できます。

6つ目は、ブルックリンスタイルです。
アイアンの小物とダークトーンの家具で、カフェのような雰囲気になります。

□まとめ
今回は、おしゃれなリビングの作り方、そしてその実例について紹介しました。

当社は、自然素材にこだわった家づくりを行っており、その快適さはモデルハウスでも体感していただけます。
見学のご予約はホームページから可能ですので、当社のこだわりの家をぜひ一度ご体感ください。