column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2019年10月2日(水)注文住宅の外壁|外壁タイル、サイディング、塗り壁を徹底比較!

「注文住宅を建てたいけど、外壁をどう仕上げるか悩んでいる」

「外壁の種類やそれぞれの違いを知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

注文住宅を建てる上で、外壁は建物の印象を大きく左右するものなので慎重に考えたいですよね。

そこで今回は、外壁で代表的な外壁タイル、サイディング、塗り壁の特徴を挙げて比較していきます。

□外壁タイル
*高級感
外壁タイルは、他の建材には出せない高級感があります。

タイルが1枚ずつ重なっているので、重厚感を感じられるのです。

*耐傷性
大きなメリットとして、外部からの衝撃による傷がつきにくいことが挙げられます。

土や石などを焼いて固めて作られているタイルは、素材自体が非常に強固であるため、外部からの傷に強い特性を持っています。

□サイディング
サイディングとは、建物の外壁に張る仕上げ板材の一種です。

壁の広さに合わせて「サイディングボード」をカットし、それぞれのつなぎ目をしっかりと埋めます。

*デザインが豊富
サイディングには多くのデザインがあり、好みの外壁を選びやすいのが特徴です。

タイル風やレンガ風などの洋風のデザインが多いですが、その他にも石柄風や木質風のものなど多彩なデザイン・カラーから選べます。

最近のサイディングのクオリティーは高く、本物のタイルやレンガの外壁と区別がつかないこともあります。

*コストが安い
普及率が高く建材を大量生産できるため、初期費用が安く仕上げられます。

ボードを貼り付けるだけでよいので、職人による出来の良し悪しもあまりなく、手軽に施工できます。

ただし、メンテナンスは定期的に行う必要があります。

□塗り壁
*独特の風合い
塗り壁は一見シンプルですが、職人のコテさばきやセンスで幾通りにもデザインできるので手仕事の味わいがあります。

また、サイディングやタイルのように均一ではなく、素材の持つ独特の風合いによって様々な表情を見せてくれます。

*美しい外観
つなぎ目がなく一体感のある美しい外壁に仕上がります。

カーブが多い外壁など、凝ったデザインの家でも、形状に沿ってなめらかに塗り上げられます。

□まとめ
今回は、注文住宅をお考えの方に向けて、外壁タイル、サイディング、塗り壁について解説しました。

それぞれに独自の特徴があるので、この記事を参考にしてご自身の希望に合った外壁を選んでみてはいかがでしょうか。

また、当社ではご家族が健康に過ごせる家として、天然素材をふんだんに使用した無添加住宅をご提案しています。

興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。