column

コラム

家づくりに役立つ豆知識やポイントなどを詳しく説明いたします。

2022年10月15日(土)部屋に熱がこもるのはなぜ?その原因と対策法を解説します!

部屋に熱がこもり、暑さに悩まされる経験がある方は多いのではないでしょうか。
時には、外よりも家の中の方が暑いということもありますよね。
今回は、部屋に熱がこもる原因と、こもった熱を逃がす方法について紹介します。
是非参考にしてみてください。

□熱がこもりやすい家の特徴
熱がこもりやすい家の特徴は主に3つあります。

*日光が入りやすい家
1つ目は、日光が入りやすい家です。
外からの日光が入りやすい程、部屋の温度は高くなります。
特に、日差しが当たりやすい西向きに面している部屋は、夏場は夕方から部屋が暑くなり、夜も熱が逃げず暑いため、一日中暑くなります。
日光が当たりやすいマンションの上層の部屋や、左右が他の住戸に挟まれている中住戸は特に暑くなりやすいです。

*RC構造でできている家
2つ目は、RC構造でできている家です。
RC構造というのは、鉄筋コンクリートで建てられた家のことで、木造建築に比べて、断熱性や気密性が高いため、夏場は暑くなってしまいます。
しかし、木造建築でも、部屋が直射日光を受けやすい位置の場合は、暑く感じる場合があります。

*換気がしにくい配置になっている
3つ目は、換気がしにくい配置になっていることです。
熱を逃がす方法として、換気をする方法が挙げられます。
窓を開けて換気する際、部屋に窓が1つしかない場合や、1つの方角に窓が偏っている場合は、換気をしても熱がこもってしまうことがあります。
家づくりの構造を工夫することで対策ができます。

□こもった熱を逃がす方法
熱がこもっている原因は、強い日差しが窓から入り、温かくなった部屋の空気は、壁に囲まれているので逃げる場所が無く、熱がこもってしまうのです。
換気をしない限り、夜になっても暑い状態が続いてしまいます。
部屋よりも外の温度の方が低い場合、対角線上の窓を開け、換気をしましょう。

反対に、部屋より外の温度の方が高い場合は、換気は行わないようにしましょう。
また、窓に向けて扇風機を回すことで、換気の効率が上がります。
エアコンをつける際は、温度を極端に下げたり、風量を上げるのではなく、自動運転にすることで、自動で温度調節し、節約になります。

□まとめ
熱がこもりやすい家の特徴として、日光が入りやすい家、RC構造で建てられた家、換気がしにくい配置になっていることが挙げられます。
外の温度の方が部屋より低い場合、対角線上の窓を開け、換気をすることで熱を逃がすことができます。
家づくりをお考えの方は、小さなことからでも是非ご相談ください。